マーケッツのツボ 「覚醒する大円高」

【部分配信でお届けします。】
日経チャンネルマーケッツでしか見ることができないオリジナルコンテンツ「マーケッツのツボ」。今回はワカバヤシFXアソシエイツ代表の若林栄四さんにお話しを伺います。
若林氏は、昨年末に「ドルは、2015年6月25日につけた1ドル=125円86銭という高値を抜くことはない。そして、ドルも株も、年初にかけて大きく売られる」というドルロング、株ロングの投資家にとっては、あまり聞きたくない見通しを示しました。その後、ドルは一時、110円台まで大きく売り込まれ、見事、見通しは的中しました。その若林氏が3月に出す新刊のタイトルは、ずばり「覚醒する大円高」。
果たして、円高はどこまで進むのでしょうか。なぜ円高が進まなければならないのでしょうか。株価、原油相場、金利の行方はどうなるのでしょうか。黄金分割を用いたテクニカル分析の大家、若林栄四氏に、これからのマーケット動向を伺います。

ゲスト:若林栄四(ワカバヤシFXアソシエイツ代表)
聞き手:鈴木雅光(金融ジャーナリスト)