12月25日 日経平均、大幅続落で始まる 1年3カ月ぶり2万円割れ、米株急落で

25日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落して始まった。始値は前週末比380円76銭(1.9%)安の1万9785円43銭と、心理的な節目の2万円を下回った。取引時間中の2万円割れは2017年9月15日以来およそ1年3カ月ぶり。米中貿易戦争や米国の利上げによる米景気減速を懸念し、海外投資家が東京市場でも幅広い銘柄に売りを出している。米政府機関の一部閉鎖や米財務長官の米金融大手首脳との電話協議などを受け、24日の米株式相場が急落したことも一段と投資家心理を冷やし、下げに拍車を掛けた。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki