5月8日 日経平均、大幅続落で始まる 米中貿易交渉の不透明感増す

8日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落して始まった。始値は前日比295円68銭安の2万1628円04銭だった。米国が中国製品への関税を引き上げるとの懸念が再び強まり、前日の米国株が大幅に下落した。米中貿易交渉の不透明感が増したことで、運用リスクを避ける売りが優勢となった。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台前半まで円高・ドル安が進んでおり、海運や鉄鋼、電気などの景気敏感株が売られている

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki