円高進行で政府・日銀が緊急会合

金融市場で一時、1ドル=105円台半ばまで円高が進行したことなど受けて、財務省、日銀、金融庁は幹部らが出席して緊急の会合を開き連携強化を確認しました。財務省の武内財務官は、マーケットに「やや神経質な動きが見られる」とした上で次のように述べました。